賃貸経営を行う上で、新築と中古のどちらのアパートのほうがいいか?

賃貸経営を行う上で新築アパートと中古アパートの経営を行うとしたら、どちらがいいのか迷われるかもしれません。新築アパートであれば立地から設定をしてローンを借りる必要が出てきます。どちらにしても空室を作らないための対策というのが必要になってきます。

その点で新築と中古の違いということについて見ていくことにしましょう。

■中古はなぜ売りに出されたのかを考える必要がある
中古アパートを経営するということになれば、初期費用はそれほどかからないですし、すでに入居者がいる状態から始めることができます。初期費用がそれほどかからずにアパート経営ができるのはいいのですが、問題となるのはなぜこのアパートが売りに出されているかということです。

収益が出続けているのであればわざわざ売る必要はないわけですが、実際に売りに出されているとしてら何か原因があると思いますので、それを確認しておく必要があるでしょう。それを確認せずに中古アパートの経営をしたとしても収益が上がらなくなります。

■新築は一からやるために自分の思い通りにやることができる
新築は土地の選定から始めることになりますので、立地に合わせたアパートを建築することができます。少子高齢化が進んでくればより一層立地という観点は重要になりますので、それを選ぶことができるのは大きいです。確かに初期費用が掛かってしまう点は仕方がないのですが、一から作ることのメリットの方がそれ以上にあります。

■中古か新築かは一長一短ある
賃貸経営を行う際に中古アパートを選ぶか新築マンションを選ぶかというのは、一長一短あります。自分たちがどのように賃貸経営に関わっていくかによっても異なってくるでしょう。