賃貸経営を行う上で、アパートの立地はよく考える必要がある

賃貸経営を行う上で一番重要だと言われるのが立地です。特にアパートに関しては立地で90%ぐらいは決めると言ってもいいぐらい重要です。立地が良ければ強気の家賃設定をしても借り手は見つかるのですが、そうでなければ安くしないと空室になってしまうということです。

もしアパート経営を考えているのであれば、賃貸経営に向いている立地条件かどうかを確認してほしいです。

■大学生や専門学生に向いている立地条件
大学や専門学生であれば近くにアパートがあればいいなあと思うものです。その付近に土地があればアパート経営をしてもそういう人たちが借りてくれる可能性があります。あとは、コンビニやレンタルショップなどが近くにあればいいでしょう。

■20代の会社員に向いている立地条件
会社員が電車通勤をするのが一般的な場所であれば、駅の近くというのが何よりもありがたいでしょう。コンビニが近くにあるだけでなく、遅くまである居酒屋や飲食店があれば最高です。

■若い夫婦に向いている立地条件
若い夫婦に向いている立地条件であれば、スーパーや商店街などの商業地があるかとか、市役所や銀行などが近くにあるかというのが優先されます。

■子供がいる家庭に向いている立地条件
上記に挙げた若い夫婦に向いている立地条件に加えて、近くに子供を遊ばせるような大きな公園があるかとか、小学校や中学校、保育園、幼稚園などが近くにあるか、暮らすのに静かなところなのかなどが優先されるでしょう。

■どの層をターゲットにするのかを決めればいい
自分が土地を持っている場所が上記の4つのうちのどこに当てはまるのかというのがあればいいのですが、そうでなければ賃貸経営はあきらめて別の土地利用を考えた方がいいでしょう。